Dovecotをdaemontools配下で動かす

最終更新日時:2010-09-07 17:33:02
Dovecot

概要


Dovecot をデーモンとして稼働させず、daemontools 配下として動作させる方法を紹介します。
ここで記述している方法がベストというわけではなく、あくまでも一例です。
ここで紹介している設定により、dovecot が何らかの原因でダウンしたとしても、daemontools により自動的に起動し直されますので、ダウンタイムが最小限で済みます。

設定方法


まず、適当に dovecot の daemontools 用のディレクトリを作成します。

 # mkdir /var/dovecot
 # chmod 1755 /var/dovecot


起動ファイル run を以下のように作成します。

 #!/bin/sh
 
 exec 2>&1
 exec /usr/local/sbin/dovecot -F


ログ用ディレクトリを作成します。

 # mkdir /var/dovecot/log


起動ファイル run はお決まりのものでOK。

 #!/bin/sh
 exec multilog t ./main


一方、Dovecot 側では、ログを標準エラー出力に出力するように設定します。
Dovecot 参照。

あとは、これらを daemontools に認識させればOKです。

 # chmod 755 /var/dovecot/run
 # chmod 755 /var/dovecot/log/run
 # ln -s /var/dovecot /service/dovecot


念のため稼働状況を確認します。

 # svstat /service/dovecot



お問い合わせは 掲示板 にて。